【初心者向け】無料でブログ訪問者の特性や行動を分析しよう。Googleアナリティクスの初期設定を詳しく紹介。

blog
いそまる
いそまる

前回の記事で、Googleアナリティクスの設置方法を紹介しました。

今回はGoogleアナリティクスの初期設定について書きたいと思います。

Googleアナリティクスの初期設定方法を3つのステップで紹介

前回の記事で、ブログとアナリティクスを連携しました。

アナリティクスを設置した段階で忘れないうちに、次の項目は設定はしておくことをおススメします。

  • アカウントの初期設定
  • プロパティの初期設定
  • ビューの初期設定

それでは順に説明します。

まずは、Googleアナリティクスにログインします。

アナリティクスの設定は、すべて画面右下の「管理」で出来ます。

アカウントの初期設定

アカウントの初期設定で行うことは「自分のIPアドレスの除外」です。

自分のIPアドレスの除外とは?

自分のIPアドレスを除外しておかないと、自分でブログをチェックした行為が、セッションやユーザー数に反映されてしまいます。

自分自身がアクセス解析の対象になるのを防ぐための設定です。

いそまる
いそまる

例えば、自宅でのPC作業が多いなど、自身のIPアドレスがあまり変わらない環境だったら設定することをおススメします。

逆に、モバイルデータ通信を利用して、外出先でスマホからアクセスすることが多い人などは、IPアドレスがコロコロ変わるため関係ないかもしれません。

ブログを始めたばかりだと、気になって確認のために自分が何度もブログにアクセスしてしまいがちです。

自分だけが何度もアクセスしてアクセス数が伸びているのに、他人のアクセスがあると勘違いしてしまうこともありますので除外設定をしておきましょう。

自分のIPを除外するには、アナリティクスの設定ページから「すべてのフィルタ」をクリックします。

次に「フィルタを追加」をクリックします。

1~6の項目を順番に入力・選択してください。

  1. フィルタ名を入力
  2. フィルタの種類で「定義済み」を選択
  3. 「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択
  4. IPアドレスを入力
  5. 「すべてのウェブサイトのデータ」を選択
  6. 「追加」をクリック
いそまる
いそまる

IPアドレスですが、自分ののIPアドレスを確認する方法として、CMANのようなサイトで簡単に調べられます。

全ての項目を入力・選択したら、最後に「保存」をクリックします。

これで、あなたのIPアドレスの除外設定は終了です。

確認する方法として、ブログを開いた状態でアクティブ ユーザーのリアルタイム表示が0ならば、正しく設定されています。

プロパティの初期設定

続いて、プロパティの初期設定を行います。

ここでは次の3つの設定を行います。

  • デフォルトのURL設定
  • レポートの有効化設定
  • Google Search Consoleとの連携設定

アナリティクスの設定ページ「プロパティ設定」か行えます。

デフォルトのURL設定

まずは、アクセス解析を行うURLのデフォルト設定を変更します。

変更方法は、URLの最後の「/(スラッシュ)」を削除するだけです。

これは、ほぼ起こることでは無いのですが、特定の条件の時に「~//」となるのを防ぐためです。

レポートの有効化設定

次は重要です。

プロパティ設定を少しスクロールすると「ユーザー属性レポートと、インタレスト カテゴリ レポートの有効化」という項目があるので有効にしましょう。

これを有効にすると、年齢や性別などユーザーを詳しく解析できます。

属性を見極めるためにも、ぜひ有効化してください!

クリックして【オン】にします。

 Google Search Consoleとの連携設定

Google Search Console(以下サーチコンソール)ですが、アナリティクスと連携することで、より詳しいアクセス解析が可能になります。

アナリティクスとサーチコンソールの違い

どちらもアクセス解析に用いますが、違うのは、

アナリティクスは主にユーザー行動の解析

サーチコンソールは主に検索の解析

になります。(重なる部分もあります)

サーチコンソールと連携するには、プロパティ設定をさらにスクロールして、「Search Consoleを調整」をクリックします。

追加」をクリックします。

すると、サーチコンソールとの連携ページが開きます。

連携可能なサイトが表示されますので該当のブログを選択し「保存」をクリックしてください。

ポップアップで確認を求められますのでOKを押す。

いそまる
いそまる

OKを押すと、サーチコンソールの画面に移動します。サーチコンソールの画面は消して問題ありません!

アナリティクスの設定ページに戻って、ページを更新してください。

すでにサーチコンソール が追加されていますので、設定を【保存】します。

ビューの初期設定は2つ

最後にビューの初期設定をしましょう。

アナリティクスの設定ページの「ビューの設定」をクリックします。

そこで、次の2つを設定します。

  • ボットのフィルタリング設定
  • サイト内のトラッキング設定

ボットのフィルタリング設定

ボットのフィルタリングとは、Googleアナリティクスで認知設定している不要なアクセスを除外することを言います。

不要なアクセスとは?
  • スパムポット

スパムボットは、迷惑メール送信用のメールアドレスを自動収集するプログラムのことです。迷惑メールを意味する「Spam (スパム)」と「Robot (ロボット)」の造語です。

  • スパイダー

サイトを循環するプログラムのことです。

サイトのセキュリティを向上のためにも、不要なスパムボット、スパイダーからのアクセス除外を設定しましょう。

  • ビューの設定内にある
  • ボットのフィルタリング】にチェックを入れます。
  • 【保存】をクリックします。

2. サイト内のトラッキング設定

ブログの機能として、サイト内検索を設定している場合には、サイト内のトラッキング設定を有効化をおススメします。

トラッキングを有効化すると、あなたのブログが「どのようなキーワードで検索されたのか」がわかります。

検索キーワードがわかれば、サイト読者がどのような情報を自分のブログで知りたいのかが把握できるため、ぜひ有効化しておきましょう!

設定方法は、ビューの設定ページ内にある

【サイト内検索のトラッキング】設定をクリックして有効にする

【保存】をクリック

これで、設定終了です。

今回のまとめ

お疲れさまでした。

今回は、Googleアナリティクスの初期設定を行いました。

ここまでの設定で、アクセス解析がかなりの精度で出来るようになっています。

アナリティクスはたくさんの機能がある便利ツールです。

機能を使いこなしてサイトの運営に役立ててほしいです。

最後に、特に注目したいアナリティクスの項目・活用ポイントをご紹介します。

  • ユーザー属性を調べる
  • ユーザーの流入元を調べる
  • ユーザーの行動を調べる
  • データの期間比較について書く
  • コンバージョンの達成率を調べる

次回、アナリティクスの活用方法について書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました